2015.06.12 Friday

環境が変わると思考が変わる_20150612


今日、僕と同じく房総へ移住してきたお客さまとこんな話に。

「私はこの房総へ来たことで、考え方が一変しました。

今までは仕事も忙しくて家族のことや世間のことなどまったく考えられなかった。まさしく仕事人間でした。

ただ、この房総に来てみると、時間にも多少ゆとりができ、自分の時間を持つことができ、

たくさんの素敵な仲間と出会い、思考が変わりました。」と。



僕もそうかもしれません。

東京にいた頃は仕事のことしか頭になくて、政治のこと、食品のこと、日本のことなど考えもしませんでした。

この房総へ来て、さまざまな人達と出会い、そして翌年に東日本大震災が起こり、今までの生活や思考が一変しました。



さまざまなことがこの日本で、世界で議論されています。

ただ、人間は千差万別、十人十色

同じ人なんていません。だからこそ思考も違います。

正しい、間違っているという感じ方もその人の思考で変わってきます。

僕は双方の意見を押し付けて決めて行くことは間違っていると思います。

僕は、同じ思考を持っているみんなと寄り添って、生きていきたいと思う。



僕は環境を変えることをお勧めします。

新たな価値観が生み出され、新しい思考が生み出され、新しい生き方が確立できるから。

僕はこの房総に来て、変化している自分を感じています。




 
2015.04.25 Saturday

友_20150425


今日、突然高校時代の友人が安房研を訪ねてくれました。

もう何年ぶりになるだろうか、久々の再会です。

ちょっと太ったかな?そして、ちょっと髪が少なくなったかな。



正直、この友人が僕のお店にやってくるとは思ってもみませんでした。

忙しいみたいだし、疎遠にもなっていたし。

「ふとお前のお店に行きたくなったんだよね。」



その友人は何気なくこう言いました。

「去年までうつになっちゃってさ。今年に入って回復してはきたけど。」



友人の危機を察することができない情けなさを感じました。

僕らはこまめに連絡を取り合う仲ではないけど、高校時代から一緒に過ごしてきた大切な友人には間違いない。

今まで僕に関わってくれた大切な友人には間違いない。

だからこそ、こんな危機には何とか力になってあげたいと思う。ただ、どうすればいいのか。



今、僕は自営業で、その上お店を営んでいるからなかなか時間を作ることができない。

でも、友人たちにしっかりと目を向ける時間はとても大切な気がした。

年に1回でも連絡を取り合いたいと思う。「元気?」ってね。



その友人はたくさんの買い物をしてくれました。

「なかなか来れないけど、ほしい商品があったら送ってくれよな。」



友人というのは、単にお店で買い物をするだけでなく、

僕の生活にも気にかけてくれる特別な存在なのかもしれない。



「送るのもいいけど、また房総へおいでよ。きっと憂鬱な気持ちもなくなるからさ。」



友の大切さを改めて感じた。


 
2015.03.13 Friday

よつばのクローバー。_20150313


今週も始まりました!安房暮らしの研究所です!

本日は穏やかな陽気。春もまもなくですね。



今週は、15日(日)にメールニュースの配信と、次回のgallery 2×2の発表をさせて頂きます。

是非、楽しみにしていて下さいね。



今日は少しお話を。

昨日、お世話になっている地元のおばさんから、こんなものを頂いた。





「朝、家のまわりを掃除してたら、元気に咲いていたのよ。菅野さんにあげたくて」と。

朝起きて、家を掃除すること。

咲いていた四葉のクローバーを見つけたこと。

それを見つけて、僕にあげようと思ったこと。

些細なことかもしれません。ただ、僕には何よりも嬉しかったことでした。

この言葉におばさんの心の豊かさを感じずにはいられませんでした。



先日のテレビ番組で「世界一貧しい大統領」と言われる、ウルグアイ大統領、ホセ・ムヒカさんのことを特集していました。

その中で、ムヒカ大統領は、こう述べています。

「貧乏な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ。」

「変えなきゃいけないのは、消費経済を後押しするような私たちのライフスタイルだ。」

https://www.youtube.com/watch?v=Q7aJcf_Lexs



僕は世界の経済がどういう風に回っているか、あまり知りません。

ただ、お金をふんだんに使ってマイホームを買って、高級車を買って、高いお洋服を買って、

いかにも裕福そうな生活をしている人が、豊かなのではないと思います。

朝目覚めて、家の掃除をして、四葉のクローバーを見つけて、誰かにあげようと思う心。

これが、本当の豊かさだと僕は思います。



僕は、お金に頼らない、心豊かな生活を送るべく、自分のライフスタイルを見直し、実行したいと思っています。

そして、僕は心豊かな方と向き合っていきたい。

四葉のクローバーを見つけて、誰かにあげるような心を持ちたい。

僕自身もそんな心の豊かさを持ちたい。



安房暮らしの研究所は、日本のものづくりを通じて、消費社会に一石を投じたいと思います。

そんなお店ですが、今週も遊びにいらして下さいね。
 
2012.11.02 Friday

2013年3月に千葉県知事選挙があります_20121102

 
本日のご来店、誠にありがとうございました!

明日からの週末もたくさんのお客さまのお越しを心よりお待ちしております。



先日の東京都知事、石原さんの電撃辞任のニュースはビックリしました。

そんな中、2013年3月に千葉県知事選挙があるのはご存知でしょうか?

現職の森田知事も立候補を表明しているそうですが、こんな動きもあるみたいなんです。

http://asobinohiroba.com/otokiren/



私は加藤登紀子さんに直接お会いしたことはないのですが、

登紀子さんを取り巻く人たちの中にはたいへんお世話になっている方も多く、

私としてもこの活動に賛同する方向で考えています。

登紀子さんははっきりと出馬は表明していないようですが、この署名がたくさん集まれば、

出馬の意志も固くなると信じています。



政治的なことはとてもデリケートなことだと思います。

しかし、党派を超え、この人ならという気持ちを持って、自分たちの住む場所が豊かになる、

してくれそうな方を選びたいものです。



今回のお話を聞いて、何かを変えてくれそうな、そんな予感がしたんです、登紀子さんなら。

自然と共生した未来を描き、安心した社会へ。



是非、ご関心がありましたらこの活動への著名をお願いします。県外の方ももちろんOKです!

そして、できましたら拡散を宜しくお願いします。

2012.09.30 Sunday

たね蒔きジャーナル_20120930


ちょっとつぶやかせて下さいね。

皆さんは「たね蒔きジャーナル」というラジオ番組をご存知でしょうか?



大阪のMBC(毎日放送)さんが発信していた情報番組です。

この番組との出会いは3.11からでした。

脱原発を訴える、京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さん、

僕がこの方に注目するようになり、ほぼ毎日のようにたね蒔きジャーナルに出演することから、

それ以降、リスナーとしてドップリとはまってしまいました。



マスコミが伝えようとしない、また、避けようとしている情報に対して真摯な姿勢で伝えてくれる番組でした。

本当にこの番組からいろいろなことを勉強させて頂きました。



しかし、そんな貴重な情報源であった「たね蒔きジャーナル」が終了してしまったんです。

こんなすばらしい番組が終了する。何故なのでしょうか?残念でなりません。



本当にすばらしい番組だったと思います。

どうしてもこの残念な想いをブログでつぶやきたいと思ったこと、

そして、東日本大震災のこと、原発のことがみんなの頭からうすれないことを願って。。。



他にも僕が信頼を寄せる「our planet TV」「video news.com」には

これからもがんばってほしいと願います!

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Profile
安房暮らしの研究所
なないろが運営する生活雑貨店    〒295-0024千葉県南房総市千倉町平磯1301-1 0470-40-3850
営業日
毎週 金・土・日 12:00〜21:00
map

より大きな地図で 安房暮らしの研究所 を表示
お問い合わせ
info@nanairo.me
不定期の木曜営業「開けるの日」
しばらくの間、お休みさせて頂きます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode