2012.09.22 Saturday

9月20日の小さな旅_20120922

 
今日も始まりました、安房暮らしの研究所です!

木曜日に行った素敵なお店をご紹介しますね。



木曜は日帰りにて南房総〜木更津〜千葉〜東京〜南房総という強行軍を組みました。

日中の仕入れも順調で、夜になりお腹が減ってきました。

そこで、久々に我が故郷、板橋のこのお店へ行きたくなりました。

でも、このお店、以前にもブログでご紹介をしたかも知れません。





板橋区の都営三田線の西台駅にある『インディラ』さんです。





東京で欧風カレーの名店と言えば、神保町にある「ボンディ」なのですが、

実は欧風カレーの元祖はこの「インディラ」だと言われています。

カレーもスパイスが利いていて、本当においしい。おいももついてくるのが嬉しい。



昔、インディラさんは専用の駐車場があったのですが、久々に行くと駐車場はなく、

仕方なくコインパーキングに車を停めました。

帰り際に「お車でお越しですか」「これ帰りの駐車場代の足しにして下さい」と渡されたのが100円。



味も雰囲気も当時のまま、そしてこの100円の粋な計らい。

良い町だな。板橋。実は隠れた名店が多いんですよ。



『カレーハウス インディラ』

〒175-0082 東京都板橋区高島平1-74-10 日東ビル1F

03-3936-8969 11:00〜21:00 火曜定休



お腹も満たされ、南房総へ向かいます。いつものことですが、一般道で帰ります。

一般道で南房総へは約3時間半。

さすがにストレートの帰宅は、疲れが翌日にたまってしまいますので中間地点の木更津、君津あたりで

休憩することにしました。

ふと、舞い降りてきたんですよね。行ってみたかったお店が。

高速道路で帰ったらふってこないんですよ。きっと。一般道での帰宅はこうした出会いが生まれるんです。





暗くて何も見えないですよね。到着したのは23時頃。





君津にある『四番地 伽蘭洞』さんです。

この場所もちょっと入るのに躊躇してしまう場所ですが、勇気を振り絞り、店内に入ります。

「コーヒーだけでもいいですか」

「構いませんよ」

やさしいマスターが出迎えてくれました。







店内は30席ほど入れる場所で、昔によくある趣のあるバーといった印象でした。

コーヒーを注文すると、お菓子やミニケーキまで。

裏から出てきたママさんが

「おいしいから食べてみて」と。

やさしいマスターとママの対応でお店の印象度はアップ。



いろいろな話をしました。

約20年前にお店を始めたことや、君津の変貌、お店の変化についてなどなど。



ママから「これ聴いていって」と。





メニューもママさんのお手製。いい味が出ています。



そんなこったで気がつけばもう時間は1時を回っていました。

東京からの帰宅時に立ち寄る素敵なお店を見つけました。

深夜に飲めるおいしいコーヒーと、マスター、ママさんの気さくな振る舞い、そして気持ちのよい雰囲気。

深夜の3時まで営業しているそうです。

ちなみに通常は「チャージ料金」が発生しますのでご注意下さいね。



『四番地 伽蘭堂』

〒299-1132 千葉県君津市中富990-4

0439-55-2999 20:00〜3:00 日曜定休



自宅へ着いたのは3時頃。

しかし、疲れ以上に気持ちのよい時間が流れた1日でした。



良い出会いを求めて、これからも動き回ります!

皆さま、よい週末を。お時間がございましたら是非安房研へお越し下さい。

2012.09.08 Saturday

9月6日の小さな旅_20120910


さて、9月6日(木)の小さな旅は「鎌倉・横浜」編。

この日は半年に1回、東京ビックサイトで開催される雑貨見本市「ギフトショー」の為、東京へ。

ここで掘り出しものを探すのが楽しいんですよね。



道中、スカイツリーの側を通過します。今度、ゆっくりと眺めよう。





ギフトショーを終え、東京ビックサイトから鎌倉へ移動開始です。

鎌倉・逗子・葉山はお店がたっぷりとあるので、行くお店に困ってしまいます。

今回はこの2件に行くことにしました。



SUNSHINE+CLOUD』さんです。

葉山にあるカジュアルラインのセレクトショップ。

シンプルで着心地がよさそうな海にぴったりなラインが多い印象のお店でした。



そもそもこのお店を知ったのは「永井宏」さんという人物からでした。

美術作家である永井さんはいろいろな才能の持ち主で、このお店もオープンし、

数々の出版本も出されていて、検索などをしても永井さんのカリスマさがわかる気がします。

しかし、永井さんは昨年に他界をし、現在は奥様がお店番をしていました。

偉大なる永井さんにお会いしたかった。

詩集を買ったので、ゆっくりと房総で楽しもうと思います。



『SUNSHINE+CLOUD』

〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色1180-2 かやの木テラス内

046-876-0746 11:00〜18:00 月曜日定休



そして、今回の鎌倉の旅はこちらがメイン。





kamakura 24sekki』さんです。

先日のメールでもご紹介をしましたが、現在、澤匡章さん&佐藤麻陽さんの作品展が開催されています。

店内の様子は是非お店へ行ってご確認下さいね。

澤さんの作品も見事にマッチしていましたし、佐藤さんの作品も人柄がにじみ出ている素敵な作品でした。

鎌倉と千倉、同じ「倉」つながり。何かを感じずにはいられません。



そして、24sekkiさんで頂いたメロンパン。これが絶品でした!



わざわざあたためて頂き、食したその食感は外がカリカリ、中がフワッフワッ。

私自身、正直メロンパンはあんまり得意ではないのですが、このメロンパンは別格。

ものすごーくおいしかったです。

パンと作品と。30日までの開催ですので、是非、足を運んでみて下さいね。



『kamakura 24sekki』

〒248-0022 神奈川県鎌倉市常盤923-8

0467-81-5004 月・火、第1・3水定休(17日(月・祝)は営業、18〜20日定休)



さて、ここからは場所を移動して洋食のメッカ、横浜へ。

本当によいお店が多い中、20時過ぎでもやっているお店を検索して今回はこの洋食屋さんに伺いました。



CENTER BRILL』さんです。

60年以上営業している老舗の洋食屋さん。外観がたまりません。





写真がうまく撮影ができませんでしたが、私が食したのはイタリアンハンバーグ。

ハンバーグにミートソースがびっしり。このステンレスプレートがいいですよね。ご飯も特盛り。

大満足の夕食でした。



『CENTER BRILL』

〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町1-9

045-241-7327 11:00〜21:45 月曜定休



そして、最後はこのバーへ。ちなみにお酒は飲んでませんよ(笑)



Bar StarDust』です。

私は団塊ジュニア世代。同じくらいの年齢の方にはピンと来るかも知れません。

横浜を舞台にした刑事ドラマと言えば「あぶない刑事」ですよね。あれ?違いますか?

そのドラマでもよく使われていた場所。行きたい行きたいと思っていて何年が経ったのでしょうか?

千倉に住みはじめ、なかなか行けない状況になると足も軽くなるというもの。

ようやく行くことができました。






いいでしょ。この雰囲気。

横浜はこういうお店もしっかりと残っていて本当によい場所だなと改めて実感。

ここで飲んだくれたい!





外は雨模様。でも、こんな景色を見ながら楽しい時間を過ごしました。

家路についたのは夜中の2時。最高に満喫した鎌倉・横浜の旅でした。



『Bar StarDust』

〒221-0036 横浜市神奈川区千若町2-1
 
045-441-1017 17:00〜翌2:00 年中無休




全国にはこうした素敵なお店がまだまだ無数にあるんでしょうね。

皆さんの住んでいる場所にもこうしたお店があると思います。

お店探しをするのもその町を楽しむ1つの方法。皆さまも地元再発見してみて下さい。



さあ、明日は、日曜日。皆さま、楽しい1日に!

2012.08.30 Thursday

8月30日の小さな旅_20120830

 
今日は週に1度のオフ。

今日は、御宿、いすみ、一宮周辺を訪れましたので、そのご報告をしようと思います。

少し長いブログになりますが、最後まで良かったらご覧下さい。



そもそも、今日いすみに向かった理由は、安房暮らしの研究所で定番で取り扱っている

大澤琺瑯製作所さんからの1本の電話からでした。

「ミルクパンができたので取りにきてほしい」と。

欠品してから数ヶ月。ようやく生産をして下さいました。

http://blog.nanairo.me/?day=20120217

明日より、販売をしますので、是非お買い求め下さいね。



その仕入れの前には鴨川に最近オープンした「earth tree cafe」へ。

しかし、営業が12時からということでオープン前だったのです。また来たいと思います。



『earth tree cafe』

ごめんなさん。住所わからずです。鴨川グランドホテル近く、国道128号線沿いにあります。

0470-94-5267 12:00〜20:00 月・火定休



その後、御宿へ。

ふらり御宿駅前の観光案内所に立ち寄りました。

「御宿は海女さんが有名ですよね。」って何気なくスタッフの方に話をしたところ、

「おもしろい場所がありますから行ってみて下さい。」

と紹介をされたのが、御宿にある「岩瀬酒造」さんだったのです。

お酒と海女???





うん?普通のお酒の製造場所ではないですか。ここに何があるのかと思いきや、別棟に





こんな洋館が建っていたんです!





海女の群像」という岩瀬禎之さんの写真集があるのですが、その記念館がこの酒造の敷地内にあったんです。

どうやら岩瀬さんは家業の酒屋を営みつつ、地元の海女を撮り続けていた方らしいです。





でも、誰一人としていませんでした。

ここは元々なんだったでしょうか?病院?不思議な空間に海女さんの写真がずらり。

これはかなり衝撃的でしたし、一人で大興奮してしまいました。



『岩瀬酒造、岩瀬禎之 海女の群像記念館』

〒299-5102 千葉県夷隅郡御宿町久保1916

0470-68-2034



いすみで仕入れを済ませ、行けていなかったお店をまわります。



いすみにある「GAKE」さんです。この急坂を登りきった場所にお店があります。





入口を入ると至る所に古道具や古本などが陳列されていました。

もともとサラリーマンをしていたオーナーさんがこの場所を見て、脱サラを決意。

このお店をオープンすることになったそうです。





とにかく絶景!

おもしろいものに囲まれながらこの絶景を眺めることができる、贅沢な空間でした。

GAKEさんではお飲物も飲めますし、隣には貸別荘までありますよ。



『GAKE』

〒299-4503 千葉県いすみ市岬町和泉2404-21

050-7551-2238 11:00〜18:00 水曜定休



さあ、続いては「pageの西田さん」に教えて頂いたお店へ。



何屋さんかまったくわかりませんね。ここパン屋さんです。「白鳥のパン支店」さん。

本店が茂原にあるそうです。





人気のメロンパンとカレーパンを購入。包装紙がキュートです。

これはお土産に、明日食べようと思います。



『白鳥のパン支店』

〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮3267

0475-42-3143 ごめんなさい営業時間、定休日未調査です。



まだまだ続きます。続いては『cafe-fuchsia』さん。

そのあたりも本当に素敵なお店が多いんです。

KUSA 喫茶』さんや『78』さん、『IROU gallery』さんなどなど。ブログでご紹介してないなあ。

そして、まだ行けていないお店もたくさんあるなあ。



カフェフューシャさんのことはお客さまからお話も聞いており、

オーナーさんもお店へ遊びにきて下さったこともあり行ってみました。

自家製のジンジャーエールを頂きます。疲れてきた体にとてもよい飲み物でした。



『cafe-fuchsia』

〒299-4203 千葉県長生郡白子町剃金2729-88

0475-30-3510 12:00〜18:30 日〜水曜定休(第3週は水、木、土曜日の営業)



夕暮れも迫り、そういえばお昼を食べていなかったので、そろそろお腹も減ってきました。



一宮にある『房総つけめん』さんです。外観、僕好みです。





つけめんと半チャーハン「つけチャー」を頂くことにしました。素朴な味も僕好みでした。

『房総つけめん』

〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮2114-60

0475-42-2942 営業時間、定休日未調査です



さて、本日の小さな旅の最後はお店の名前から絶対にいきたいと思っていた場所。『白い幻想』さんです。



夕食を房総つけめんにするか、白い幻想にするかで迷ったのですが、白い幻想さんではコーヒーを頂くことにしました。

コーヒーを待っている間、ご家族連れの方に出てきたハンバーグが何とも僕好みだったんです。

ライスの盛りも半端じゃなくすごい量でした。とにかくおいしそうで絶対にまた伺います!



僕が洋食好きというのはとても有名な話?なのですが、僕の南房総洋食屋リストにお見事掲載です。

ちなみに僕の南房総、洋食屋さんのお勧めは、

(鋸南)フィッシングさん

(館山)レストラントマトさん

(鴨川)真珠の庭さん

です。千倉にあった大好きだったベルポックさん、復活しないかな。。。



『白い幻想』

〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東波見7455-2

0475-42-2947 11:00〜21:00(LO20:30) 月曜定休



最後までご覧頂きありがとうございました。

老舗のお店から、最近オープンしたお店まで。いろいろな風を感じて元気になりました!

さて、明日から安房暮らしの研究所、オープンです。

大澤琺瑯さんのミルクパンの販売もあわせ、今週の新商品もようやく仕入れができた待望の商品です。

今週のご来店、心よりお待ちしております。

2012.08.25 Saturday

8月23日の小さな旅_20120825

 
8月23日(木)は久々のオフでした。

仕入れや行きたいところへと充実の1日でございました。

そこでお伺いした一部をご紹介したいと思います。



23日はまず「ライフ」さんというステーショナリーメーカーに伺いました。

安房暮らしの研究所でも人気のメーカーさんです。

オフィスが東神田という場所にあって、仕入れを終え車を出そうとしたところ、、、

何と側に益子の「starnet」の東京店があるではないですかあ!

9月に益子で開催される「土祭」もとっても楽しそうです。



さらに驚いたのは千倉でドライフルーツの輸入・販売を行なっている「ambessa」さんの商品が置いてあったこと。

またまた東京で千倉の風を感じた瞬間でした。



『starnet』

〒101-0031 東京都千代田区東神田1-3-9

03-5809-3336 11:00〜20:00 無休




東京で仕入れを終え、いざ千葉へ。

今回は仕入れも兼ねて「木更津」「君津(久留里)」へ。

ちょうどお腹も減ってきたので、行きたかったお店である「郷里(ふるさと)」さんへ。



最近発売された「千葉の森カフェ」にも掲載されていました。

写真がとてもよく、掲載されているカフェも良いお店揃いなんですよ。

うわさだと第2弾の「千葉の海カフェ」も出るとのこと。。。楽しみですね。



僕はようやく念願が叶って初めてお伺いすることができました。

頂いたチキンソテー。とっても満足のお味でした。飲み物もついてお腹も満足。

本に載っていたキーマカレーが食べたかったのですが、すでに終了でした。





『郷里(ふるさと)』

〒292-0434 千葉県君津市向郷101

0439-27-4333 10:00〜17:00 月・火定休(祝日は営業)



食事の後は「久留里」駅を散策しました。

お話を聞くと久留里はお水が豊富で、酒造が多いそうなんです。

駅前では地下水が流しっぱなし。



自由に汲んでいってよいそうですよ。



食事をしたらやはり、デザートですよね。

またまた見つけてしまいました。僕好みのお店を。



くるり庵」です。でも危うく通り過ぎそうになってしまいました。

至る所に「TOKIOの長瀬くんがプライベートで来店!」って張り紙が!



でも、僕が注目をしたのはかき氷。



このカップが嬉しい120円なんです!ガッチガチの氷で食べきれませんでしたが。。。

ちなみにくるり庵はカレーうどんが有名みたいなので、今度食べてみたいと思います。



『くるり庵』

292-0421 千葉県君津市久留里市場587

0439-27-3344 *定休日などの詳細が不明です。




そして、最後に行った場所はうわさに聞いていたあのおもちゃ屋さん「ゆかいなさかな」へ。



正直、外観をみてどうなんだろうという不安がありました。

でも、店内へ入るとカウンターで店主と子供達がゲームをしていたんです。

どうやら買いたいと思っているゲームをお試ししているご様子。

店内は世界中のゲーム、おもちゃが至るところにあって、

初めて「ヴィレッジヴァンガード」に入ったようなワクワクする感覚を覚えました。



木更津にこんな素敵なお店があるとは知りませんでした。

近年ボードゲームブームが起こっているだとか。。。

ここのゆかいなさかなも月に1度「夜のゲーム会」なるものを開催しているそうです。



とても楽しかったですし、勉強になったお店でした。

また行きたいお店です。



『ゆかいなさかな』

〒292-0043 千葉県木更津市東太田3-9-33

0438-97-2354 10:00〜18:00 不定休



すべてをご紹介できませんが、充実の小さな旅でした。

来週の木曜日は仕入れを兼ねていすみ方面へ行く予定です!



皆さまも楽しい週末をお迎え下さい。

まもなく、安房暮らしの研究所、スタートです。
 
2012.08.08 Wednesday

浜っ子_20120808

 
今日は仕事終わりにアンチョビドレッシングを仕入れにいすみへ。

仕入れが終わり、眠い目をこすりながら小湊のトンネルを向けたときにひときわ輝くこのお店に出会ってしまいました。

時間は23:00。そんな時間だからこそひときわ目立っていたのかもしれません。





この外観、たまりません。おにぎりとお茶漬けを売り文句にするとは何とも素敵です。

しかし、一瞬入店をためらいました。だって中の様子がまったく伺えません。。。

でも、折角の出会い、勇気を振り絞って伺います。



そうすると、カウンター席にお客さまが2名、厨房におかあさんが1名いらっしゃいました。

僕を県外の方だと思ったらしく「今日は泊まりですか?」と。

僕の素性を説明して、お勧めの「ミックス茶漬け」を頂きます。



何ともシンプルです。

いくら、しゃけ、こんぶ、のりなど、まさしく海の幸の共演。

これとは別にお惣菜が2品ついてきました。

お値段は800円と少々お高めの設定かなっていう印象でした。



食べながらいろいろおかあさんとお話をさせて頂き、

浜っ子は37年続いていること、18:00〜2:00までの夜だけの営業だということ、基本年中無休(年末とお祭りのみお休み)

だということ、などなどいろいろと驚かされました。



話していく中で商売についてもやさしい口調でいろいろと教えて下さいました。

「人と同じことをやっていてもダメ。」

「お客さまが来なくても途中でお店をしめたりしない。そういう店なんだと思われるとお客さまの足が遠ざかる。」

「おふくろの味がふくろの味になってるじゃない。それが追い風になっているかもね。」



3.11以降、観光客が激減していっているそうです。

でも、根強い観光客や地元の方に支えられ、ここまで営業できているそうです。



「便利な世の中になってるけど、手作りで丁寧に作る食事ってやっぱりいいでしょ。」



私には37年間の落ち着き、商いを実践している貫禄をおかあさんから感じました。



最後に、

「若い方がこの房総を盛り上げて下さいね。」

と。



この800円、決して高くなかったです。

素敵なお店と出会い、久々にお店紹介をさせて頂きました。

古くからあるお店と共に私もこの房総で小さな光を灯していたいと思いました。

明日、9日(木)の開けるの日からの4日間の営業が楽しくなりそうです。



『浜っ子』

〒299-5501 千葉県鴨川市小湊140-3 04-7095-3177

年中無休(年末、地元のお祭りの日のみ休業) 18:00〜2:00

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Profile
安房暮らしの研究所
なないろが運営する生活雑貨店    〒295-0024千葉県南房総市千倉町平磯1301-1 0470-40-3850
営業日
毎週 金・土・日 12:00〜21:00
map

より大きな地図で 安房暮らしの研究所 を表示
お問い合わせ
info@nanairo.me
不定期の木曜営業「開けるの日」
しばらくの間、お休みさせて頂きます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode