<< あわのひと 016_portulaca 村上史子さん終了しました_20120805 | main | これが福山花火工場の花火です_20120808 >>
2012.08.08 Wednesday

浜っ子_20120808

 
今日は仕事終わりにアンチョビドレッシングを仕入れにいすみへ。

仕入れが終わり、眠い目をこすりながら小湊のトンネルを向けたときにひときわ輝くこのお店に出会ってしまいました。

時間は23:00。そんな時間だからこそひときわ目立っていたのかもしれません。





この外観、たまりません。おにぎりとお茶漬けを売り文句にするとは何とも素敵です。

しかし、一瞬入店をためらいました。だって中の様子がまったく伺えません。。。

でも、折角の出会い、勇気を振り絞って伺います。



そうすると、カウンター席にお客さまが2名、厨房におかあさんが1名いらっしゃいました。

僕を県外の方だと思ったらしく「今日は泊まりですか?」と。

僕の素性を説明して、お勧めの「ミックス茶漬け」を頂きます。



何ともシンプルです。

いくら、しゃけ、こんぶ、のりなど、まさしく海の幸の共演。

これとは別にお惣菜が2品ついてきました。

お値段は800円と少々お高めの設定かなっていう印象でした。



食べながらいろいろおかあさんとお話をさせて頂き、

浜っ子は37年続いていること、18:00〜2:00までの夜だけの営業だということ、基本年中無休(年末とお祭りのみお休み)

だということ、などなどいろいろと驚かされました。



話していく中で商売についてもやさしい口調でいろいろと教えて下さいました。

「人と同じことをやっていてもダメ。」

「お客さまが来なくても途中でお店をしめたりしない。そういう店なんだと思われるとお客さまの足が遠ざかる。」

「おふくろの味がふくろの味になってるじゃない。それが追い風になっているかもね。」



3.11以降、観光客が激減していっているそうです。

でも、根強い観光客や地元の方に支えられ、ここまで営業できているそうです。



「便利な世の中になってるけど、手作りで丁寧に作る食事ってやっぱりいいでしょ。」



私には37年間の落ち着き、商いを実践している貫禄をおかあさんから感じました。



最後に、

「若い方がこの房総を盛り上げて下さいね。」

と。



この800円、決して高くなかったです。

素敵なお店と出会い、久々にお店紹介をさせて頂きました。

古くからあるお店と共に私もこの房総で小さな光を灯していたいと思いました。

明日、9日(木)の開けるの日からの4日間の営業が楽しくなりそうです。



『浜っ子』

〒299-5501 千葉県鴨川市小湊140-3 04-7095-3177

年中無休(年末、地元のお祭りの日のみ休業) 18:00〜2:00

コメント
お母さんが素手でモミモミして作るマカロニサラダとお父さんが咳をしながら焼く焼き鳥は超絶旨いです♪
  • kaoru
  • 2016.08.12 Friday 22:49
☆×3さま

コメントありがとうございます!

さすがチェックしていますね。

おにぎりは180円からととってもお得では?

是非、行ってみて下さいね。
  • nanairo
  • 2012.08.08 Wednesday 23:34
私も以前から、前を通る度に気になっていました。

お店が空いている様子が全くなかったのですが、夕方からの営業だったのですね。

今度、私も勇気を振り絞って行ってみます。
  • ☆×3
  • 2012.08.08 Wednesday 08:35
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Profile
安房暮らしの研究所
なないろが運営する生活雑貨店    〒295-0024千葉県南房総市千倉町平磯1301-1 0470-40-3850
営業日
毎週 金・土・日 12:00〜21:00
map

より大きな地図で 安房暮らしの研究所 を表示
お問い合わせ
info@nanairo.me
不定期の木曜営業「開けるの日」
しばらくの間、お休みさせて頂きます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode