<< ASIAN CAFE & BAR KUMFA_20120413 | main | 5月のあわのひと発表です_20120415 >>
2012.04.14 Saturday

中世の安房と鎌倉_20120414

 


今日は雨な上にとても寒かった房総です。

こんな日はさすがにお客さまも少なかった安房暮らしの研究所です。

でも、お客さまが0っていう日はないし、売上0という日もないんです。

こんな悪天候で、こんな立地なのに。

誰かが気にしてくれている。1人でも来てくれるお客さまがいる。

本当に感謝です。今日、お越し頂いたお客さま、ありがとうございました。



そして、この展示を今日の朝に見に行ってきました!

どうしても行きたかったんですよ。完成した渚の駅たてやまも見てみたかったので。

僕も歴史は詳しくないのであまり書けることはないのですが、

房総半島と三浦半島は関係性が深いっていう話はずっと聞いていました。

安房研へ来るお客さまには、

「千倉と鎌倉。この2つの倉はとってもいいんですよね。何か関係性があるのかしら。」



展示で特に興味深かったのは「やぐら」の存在ですね。

「やぐら」は中世の武士や僧侶階級の納骨所。房総でも今もやぐらを見る事ができます。

特に館山の九重あたりにはかなりの数のやぐらがあるそうです。

僕も見かけたことはあります。でも何気なく見過ごしていたんです。

こういった「やぐら」の存在は房総や鎌倉に多く見られ関係性があったことを物語っているそうです。

その他にもなかなかお目にかかれない仏像などが多数展示されています。



また、渚の駅たてやまはというと、まだ未完成の状態?だったように思います。

テナント的なものも入っていませんでしたし。

でも、この博物館の常設展示がおもしろんですよね。ご存知でしたか?

以前の安房博物館時代に1度見ているのですが、2度目でもおもしろい。



房総にはあまり美術館や博物館がないので、とっても貴重な存在です。

どこの美術館、博物館もそうですが、雰囲気が好きなんですよね。

会場が広くて、無音の中を歩いてゆっくりと見る。とても好きな時間です。



この企画展は22日(日)までですよ。是非、見てみて下さいね。ちなみに無料です。



「中世の安房と鎌倉」

館山市立博物館分館 〒294-0036 千葉県館山市館山1564-1 0470-24-2402

9:00〜16:45

コメント
みやさかさま

コメントありがとうございます。

いないかなって思いながら、お会いできずに残念でした。

子供向けのワークシート?とは?

すいません。まったく気付いていませんね。

22日までがんばって下さい!
  • nanairo
  • 2012.04.16 Monday 01:37
わーうれしい! ありがとうございます!
ちなみに、子供向けワークシートの存在に気付いていただけましたでしょうか?

また、遊びにいきますね〜。
  • みやさか
  • 2012.04.15 Sunday 23:36
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Profile
安房暮らしの研究所
なないろが運営する生活雑貨店    〒295-0024千葉県南房総市千倉町平磯1301-1 0470-40-3850
営業日
毎週 金・土・日 12:00〜21:00
map

より大きな地図で 安房暮らしの研究所 を表示
お問い合わせ
info@nanairo.me
不定期の木曜営業「開けるの日」
しばらくの間、お休みさせて頂きます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode