<< 今週の安房暮らしの研究所の新商品情報です。_20160513 | main | gallery 2×2_025「gift from the sea 海からの贈り物」marine YASUDA展_20160515 >>
2016.05.14 Saturday

茂原市へ_20160514


木曜日は、いすみ、一宮方面への仕入れの旅。



太陽が眩しく、車を運転していても気持ちがいい!絶好の旅日和。

いすみ、一宮での仕入れを終え、0470-を置いてもらっている茂原市の「コーヒーくろねこ舎」へ。



もちろん、お店がやっていないことは知っていました。

ブログを見てみると、大網白里でイベント出店しているようですが、時間的に間に合わない。

ただ、行ってみたい衝動にかられ、情報がない中、当てのない数時間の茂原市の旅が始まりました。

でも、たくさんの出会いがありました。



HAPPY DONUT

ピンクの外観と懐かしい雰囲気の漂うお店。歴史もかなり古く、

移転してこちらに移ったとのこと。こういったがんばる個人商店のドーナツやさんがあるのはうらやましい。





骨董・アンティーク くろだ 

まず、調べて見つけたお店。HAPPY DONUTさんはこのくろださんへ行く間際で発見したのでした。

外観からはあまり魅力を感じなかったのですが、店内に入ると、骨董、アンティークの数々!

安房研でも販売できそうな素敵な商品もたくさんある上に、お値段もとても良心的でした。

元気溢れるお兄さんが接客してくれますので、楽しい時間を過ごせます。








可亭

昼ご飯も食べずに時間は18時をまわり、茂原市で食事をと探したお店がこの「可亭」さん。

ただ、玄関にはカーテンが。。。お休みかあ!!!是非また行ってみたいお店です。







松坂屋

可亭さんにふられ、茂原市で魅力的なお食事場所が見つけられなかったので、

一宮の「白い幻想」でご飯を食べようと思っていた道中で見つけてしまったお店。

とんでもない外観とシュールな看板。店内はご主人とお嬢様(恐らく)が出迎えてくれました。

何にもない店内と響くお嬢様の声。往年の味がここにはありました。







偶然の出会いに感謝し、また茂原市へ行こうと思います。くろねこ舎さんのコーヒーを飲みに。
 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Profile
安房暮らしの研究所
なないろが運営する生活雑貨店    〒295-0024千葉県南房総市千倉町平磯1301-1 0470-40-3850
営業日
毎週 金・土・日 12:00〜21:00
map

より大きな地図で 安房暮らしの研究所 を表示
お問い合わせ
info@nanairo.me
不定期の木曜営業「開けるの日」
しばらくの間、お休みさせて頂きます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode